<< 書店を「メディア」として考える 電子書籍時代の本屋さんのありかた | main | 電子書籍でブックデザインは消えて無くなるのか? >>