<< いまIT業界に求められていること | main | 「与える」から「自ら立ち上がる力」へ 日本ユニバの活動紹介(3) >>